かねとこ山のブログ

Twitter→@kanetokoyama

iPadが要らなくなった理由(タブレット端末の位置づけ)

※この記事はnoteで投稿した記事をはてなに再投稿した記事です

 

実は最近になって、所有していたiPad(無印第8世代)を家族に譲ってしまいました。

iPadは僕自身も色々な人にオススメしていましたが、この度iPadが不要になった理由が明らかになったので、ここに備忘録を残します。

1.なぜiPadが不要になったのか

理由を簡単に言いますと、他のデバイスを駆使すればiPadの役割を十分補完出来ると考えたからです。

そもそも僕がiPadを買った理由が、PDFに直接書き込むことができる軽量な端末が欲しかったからです。

現在、世の中には色々な端末がありますが、「PDF書き込み」という点に特化するのであれば間違いなくiPadがNo.1です(sonyのデジタルペーパーも特化してはいますが、癖が強いので除く)。

そのため、PDFへの書き込み・勉強ノートとして使う端末を探している人には、今でも必ずiPadをオススメしています。

ですが、iPadを買って以降、PDFに書き込み可能な端末を導入してしまったことによって、iPadの地位が脅かされることになりました。結果、「PDF書き込みに特化した端末」であるiPadは不要になったということです。

以下、その代替となった2つの端末について紹介します。

2.Galaxy z fold 3

こちらのGalaxy z fold 3は、Samsungが販売している折りたたみスマホです。

畳んだ状態ではスマホの形状でありながら、広げるとiPad mini 相当のタブレットになる端末です。

つまり、この端末はスマホタブレットの両方を兼ねているため、日常的にタブレット端末を持ち歩く必要が無くなるというわけです。

肝心のPDF書き込みですが、Galaxy系統のスマホはSペンという独自のペンが対応しており、パームレスト機能(書いてる時に画面に拳を置いても反応しない機能)もあるので、問題なく使えました。追従性も問題なく、かなり快適にペン入力できます。

タブレットって突き詰めたら大きいスマホですので、折り曲げられる有機ELディスプレイの普及で今後は消えてくだろうと考えてます。

3.Surface pro 7

さて、こうして僕は常時ポケットからiPad mini 相当のタブレットにアクセスできる環境を手にしましたが、やっぱり勉強用とかに使うには大きなサイズのタブレットも欲しいところです。

そんなわけで、ちょうど新しいノートPCも欲しかったので、Surface pro 7を導入してみました。

さすがMicrosoftということもあり、Surfeceペンの書き心地はApple Pencilに負けていません。

デフォルトの状態だとApple Pencilより柔らかい印象ですが、こちらは替芯を硬い物に変える・設定でペンの筆圧感知を変えることで自分の好きな書き心地を実現できます。

純正キーボードを取り外して使えばiPad pro 相当のディスプレイサイズとなり、画面サイズに窮屈さは全く感じなくなりました。

2022/1/10追記
Surface pro 7を売ってSurface book 3を購入しました。

https://twitter.com/kanetokoyama/status/1447090760109608961

これでSurface pro 7で担えなかった趣味の動画編集もできるようになりました。タブレット単体で持ち出すならSurface pro 7と重さは同じなので、外での勉強も引き続き捗って良かったです。

4.アプリは何を使う?

さて、画面サイズ等を考慮した代替性はクリアしましたが、問題はPDF書き込みにどのアプリを使用するかでしょう。

iPadにはGood noteという、PDF書き込みに適した神アプリが存在します。このアプリはios専用のため、前述したGalaxy(Android)やSurface(Windows)では使用できません。

SurfaceのみならDrawbord PDF、GalaxyのみならSamsung noteをオススメするのですが、両方のデバイスで使用するなら個人的にone note一択かなと思いました。

どちらの端末でもone noteは遅延なく動きましたので、今後はGood noteに代わるアプリとして使用していく予定です。

大学時代はone noteでノートをとれていたほど扱いやすいアプリです。もしかしたら別の記事でone noteに特化した記事を書くかもです。